通勤交通費・旅費交通費の削減方法、削減例について

通勤交通費の支給ルールがあいまいな場合には、見直しを行い、ルールを定めることで経費削減の効果が期待できます。  旅費交通費は、規程を定めている場合が多いようですが、支給方法を見直しすれば、削減効果が期待できます。 1 通勤手当支給規定を作る  ほとんどの企業では、通勤手当を支給していますが、支給の基準となる規程が作られている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険料の削減方法、削減例について

保険商品も多様化されており、既存保険契約を見直すことで、保障内容が厚くなり、保険料も下げることができるなどのメリットが期待できます。  まず、自社で加入している保険契約を見直しすることをお勧めします。 1 役員保険加入のルールをつくる  会社が役員に保険をかける場合、保険金額の設定方法は明確なルールを作っておくのが望ましいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウトソーシングの方法、利用例について

会社の競争力を高めるためには、コア業務、生産性の低い業務については、コスト削減を検討するべきです。それには、アウトソーシングの活用が有効です。  本業と関連の低い業務や間接部門の業務、専門性の求められる業務を外部に委託し、経営資源を中核事業に集中させれば、競争力アップと経営効率のアップが実現可能となります。  アウトソー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修費の削減方法、削減例について

研修制度は、会社の発展には不可欠の費用であり、研修回数の減少は結果として会社にとってはマイナスになりかないので、研修の受講機会は確保すべきです。  ただし、研修の実施方法を見直すことで研修費の節減は可能になります。 1 e-ラーニンングの利用  e-ラーニングとは、パソコン・インターネットによる通信教育のことです。 一般的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固定費の削減例について

1 ペーパーレスの実現  最近ではコンピュータが普及し、必要なデータはコンピュータですぐに確認できるようになっています。実際に社内決裁文書を社内メールなどのコンピュータで行い、いわゆる決裁箱を廃止した会社も見られます。  このような方法を取ると、印刷、コピー用紙が必要なくなり、紙の節約につながります。  コピー機は1枚当り○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経費削減の基本的考え方

A.経費削減の目的 1 経費削減の目的を理解する  経営者であれば、業績を伸ばしたい、会社を大きくしたいと考えるのは、当然のことですが、売上を増加させるには時間がかかる場合もあります。  売上を増加させることももちろん重要ですが、利益を確保することを第一に考えると、経費の削減についても着目しなければなりません。  また、経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売上目標の立て方

1 売上目標設定のポイント 目標利益を獲得するために、目標売上高を設定しなければなりません。目標売上高を下記の流れにより設定します。 <画像が不鮮明である場合はクリックすると拡大され、はっきりと見えるようになります> (1)中期経営計画で設定されている売上高 中期経営計画で計画している場合は、中期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業格付改善対策 金融機関が行う企業格付と改善対策

 資金調達方法が限られる多くの中小企業にとって、金融機関からの融資は欠かせないものです。 しかし、昨今、金融不安の煽りを受けて、必要な融資を受けられなかったり、逆に返済を迫られたり、企業格付の見直しを理由に金利の引き上げを迫られたりと中小企業の資金調達は厳しいものとなっています。  「利益は出ているのに融資を断られた」「大きな商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収益性改善の進め方

1. 自社の収益改善ポイントを整理する 収益性悪化の要因は以下のようにまとめることができます。 自社の収益改善のために何をすべきかをここで整理しておきます。   ① 経常利益減少の要因   支払利息の増加、固定費の増加、変動費率の上昇、売上高減少     ② 営業利益減少の要因   固定費の増加、変動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売上目標達成のための活動計画

1 売上確保のために活動計画を立てる  売上が目標に到達していない場合、まずは方針通りの活動ができているかを確認します。活動量が確保されていなければそれを徹底します。  確保されていれば、営業の質や商品・サービスの質に問題があることになります。その時は、営業方法を変えたり、商品やサービスを変える取り組みが必要です。しかしこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営改善のケーススタディ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業経理合理化の目的

企業の目的とは、「存続し、発展すること」です。 そのためには、「利益を獲得し、キャッシュフローを継続的に生み出していくこと」が必要です。 「企業は環境適応業である」と言われるように、環境の変化に対して拙速であると企業の存続が脅かされるリスクがあります。企業にとって、環境変化はチャンスにもなり脅威にもなります。 企業経営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more